貸切バスとはいえ全てが自由ではありません

貸切バスは、周りに知らない人がいないので、バスツアーのように必要以上に周りに気を使うことなく道中を楽しむ事ができますので多くの方に利用されております。バスを貸しきっての旅行などは、なんだか特別になったような気がしてテンションも上がってしまいがちなのですが、貸切バスにもしっかりと守らなければいけないマナーがあります。そこでこちらでは、これから貸切バスを利用しようと思っている方のために、これだけは守ってもらいたいマナーをご紹介します。

最初に覚えておいて欲しいマナーはシートベルトです。これはマナーではなくルールなのですが、運行中のバスに乗車している時には必ずシートベルトをするようにしてください。高速道路などを運行しているような時にはスピードも出ておりますのでシートベルトをしていないのは非常に危険です。特にお酒が入っているような時には、足元がふらついておりますので要注意です。

次に気を付けて欲しいのが運転手に対しての配慮です。運転手は乗客全員の命を預かって運転をしております。そのため、運転手がマイクで話す時にはみんなが聞こえるように静かにするようにしてください。また、運転手への質問などは手短に運転が忙しくない時に質問するようにしてください。

運転中に何度も質問されてしまうと気が散ってしまい運転の集中できなくなってしまう可能性があります。しっかりと安全に運転してもらうために、バスを運転してくれている方への配慮はしっかりと持つようにしてください。

同じくバスを貸してくれているバス会社への配慮も必要になります。貸切バスではたびたび行われている宴会は、普段とは違った時間、違った場所でお酒を楽しむ事ができますので非常に開放的でついつい羽目を外してしまいがちです。しかし、居酒屋で飲んでいるのではなくバスで飲んでいる事を決して忘れてはいけません。悪乗りをしてお酒を飲みすぎてしまうとバスのシートを汚してしまったり、破損させてしまう可能性もありますので、ほどほどに楽しむ事が重要になります。

また忘れがちなのが、バスの中ででたゴミは自主回収が基本です。基本的にはサービスエリアで捨てるのもマナー違反だと言われております。そのため、自主的に持ち帰る事になっているのですが、一部のバス会社では貸切バスをご利用の方に限って、有料でゴミの回収をしてくれる会社もあります。宴会など大量のゴミが出るような事が事前に分かっていれば確認をとっておいてください。